SOLUTION運行管理体制最適化に向けたコンサルティングのご提案

標準支援メニュー

定期教育支援
帳票確認・作成支援
模擬監査の実施

輸送安全に基づく教育支援

従業員に対する指導及び監督について、適切に行うための各月の運輸安全マネジメント実施計画にそった教育資料の提供、毎月の訪問時に実施状況の確認など弊社スタッフがサポート致します。
※訪問しての確認までは必要ないが、毎月の資料作成が煩わしいというお客様には教育資料データのみの提供も可能です。

運行管理に関わる帳票の確認、作成支援
(点呼簿・運転者台帳・適性診断・定期点検等)

例:運転者台帳であれば貨物自動車運送事業輸送安全規則第九条の五に掲げられた通り、必要な事項の記載漏れの確認や御社にとって管理しやすいフォーマットの作成、更新のスケジュール管理などを月1回弊社スタッフがチェックを行います。

改善基準を含めた法令順守に関する
模擬監査の実施

毎月の訪問時に各帳票の確認とメンテナンスのサポートを行う事で、行政機関からの突然の監査でも安心して対応できる状態の維持を目指し想定問答を含めた模擬監査を弊社スタッフが実施いたします。

運行整備管理状態グラフ

オプション支援メニュー

行政監査対応支援
Gマーク取得支援
運行管理者育成支援
ドライバー向け教育支援

行政(運輸支局・労働基準監督署等)監査に対する対応支援

労働基準監督署から監査の通知があった場合や、万が一自動車事故報告規則にある重大な事故が発生した場合は、その後の監査を見据えて再発防止策の検討や従業員への指導教育、必要となる資料の事前準備のサポート等を行います。

Gマーク取得に対する支援

Gマークを取得すると正当な審査を受けたことで安全性を証明することができ、公表されるので荷主がトラック運送事業者を選びやすくなります。
認定を受けるには、付け焼刃的な申請書類だけでは不可能です。次年度の申請をご検討中の事業者様は日常の帳票類の整備、点検、全社一丸となって取り込むことで、事故の削減、安全運転意識の向上により、企業発展の要となります。当社では確実にGマークを取得を目指す為のサポートを行います。

運行管理者育成に関する支援(試験対策等)

運送業を営む以上、運行管理者の育成は重要(特に多拠点展開を行う場合は必須)な事です。ある大手運送会社の中には、大型ドライバーは全員会社の負担で運行管理者の資格取得を義務付けている会社もあります。理由は、大型ドライバーとしての交通安全意識を徹底させるためです。
運行管理者試験は、この数年間で試験の出題傾向が変わっています。独学では難しい内容でもポイントを絞った講義と出題傾向を分析したテキストの提供で合格を全力でサポートします。

ドライバー向け各種教育支援

ドライバー向けの初任教育等も当社独自の資料を基に輸送安全規則に沿った教育の支援を行う事が可能です。
又、ドライバーの安全教育、広報活動の一環としてトラック協会のドラコンに毎年参加している企業は多数存在します。
弊社はトラックドライバーの運転技術および整備点検技術の向上、法規の尊重、車両事故の防止に努めるとともに、トラックドライバーとしての誇りと社会的責任を自覚させることを目的として学科・ 点検・運転の3項目について徹底的に教育も行います。